しないスキンケア

【しないスキンケア実践ブログ1年目】本当にやってよかった!肌トラブル激減

「しないスキンケア」ということで、クレンジング、スキンケアを全てやめて、お湯洗顔&ワセリンだけを塗る生活を始めて1年が経過しました。

結論、ニキビ・乾燥が全然起きなくなり、とても快適な毎日を過ごしています。

最近の肌の調子、「しないスキンケア」のやり方をご紹介していきたいと思います。

しないスキンケア大成功

朝はほぼ洗顔しない、夜はお湯洗顔、そしてワセリンをごく少量塗るだけの生活を続け一年が経過しました。最初はどうなることやら!と思いましたが、今や肌が乾燥することはほぼなくニキビなどもほとんどできなくなりました。

ほぼ一年石けんすら使用せずお湯洗顔だけで過ごしていたのですが、「化粧はどうしてるの?」とよく質問を受けました。

メイク方法は、基本はノーファンデ。シミの出来やすい箇所だけは日焼け止め、少しだけEtvosのチーク、あとはアイメイクとリップのみにしていたので、ポイントメイク落としだけしてあとはお湯洗顔でした。

Etvosのパウダーのみであれば毎日でなければお湯洗顔で全然問題ありませんでした。

みるみる肌の調子が整ってきたし、スキンケアをしなくて良いというのが快適すぎてこのまま継続したいという気持ちはあるのですが、、、

そろそろコロナが治まりはじめ、在宅勤務が減ったりノーマスクとなってくると、やっぱりメイクがしたい!!!という気持ちも湧いてきました。

メイクをすると肌は荒れる・・・

そこで約一年ぶりにメイクを解禁することにしました。

といっても、クレンジングはしなくても良い石鹸落ちメイクではありますが。

前から気になっていたラロッシュポゼのトーンアップUVを試してみたのですが、一年ぶりのメイクのりは素晴らしかったです!

これまでメイクすると肌荒れしたり、毛穴詰まりが気になることが多かったのですがとても綺麗にメイクが乗りました。肌の回復を改めて感じました。

特に肌の痒みや炎症も起きませんでした。

そして石鹸でメイクを落としましたがこれまた特にトラブルなく落とすことができました。洗顔終わりは引き続きワセリンを薄く塗ります。

肌断食をする前は、石鹸で洗顔すると肌がピリピリしたり、赤みが出てしまっていたのですが全然問題なく使えています。肌断食によって肌がかなり健康に戻った証拠だと個人的には実感しています。

ただ週1~2回メイクするとやっぱり肌のトーンが悪くなった感じがします。またメイクをして夜になるとポツポツとニキビのようなものができるように・・・。

石鹸で落としたあとは落ち着き、翌日またノーメイクで過ごすと治るのですが。

今の肌に合う肌に優しいパウダーを探そうと思います。

肌が弱い方はトライする価値はあるかも?

一年間継続した総括としては、「本当にやってよかった!」ということです。

これまでの人生何度か肌断食にトライしたのですが、ことごとく失敗していました。今思うと失敗理由は「中途半端に実践」していたためです。

  • 化粧水/クリームだけつける
  • たまに洗顔する
  • ワセリンの量が多い

結局肌の調子が良くなることなく、肌だけ荒れて残念な結果になっていました。

肌本来の機能を蘇らせるためには、なるべく肌の機能を邪魔をせず、最低限のワセリンの保湿力に頼るというのが一番でした。

確かに最初は肌がゴワゴワしてきて、皮がむけて、乾燥やら赤みやらちょっと大変でしたが、数ヶ月すると全く乾燥せず皮むけも治りました。そのあとはずっと快適です。

定期的にフェイスラインを触ると皮が剥けたりもしましたが、この頃からは大きなニキビができなくなりました。小さいものがプチっとできても翌日には治ります。

ニキビができた時は確実に直したいのもあり、皮膚科でもらったニキビ薬のダラシンTゲルは塗っています。

また注意したいのはワセリンの量です。化粧水も美容液もクリームもつけないため心配になりワセリンをたくさんつけたくなるのですが、思っているよりもかなり少なくて大丈夫で、米粒大くらいで十分だそうです。

うすく伸ばすだけで十分保湿力があるため、多く付けると意味もなく、むしろニキビの原因になるので注意です。

肌断食は肌トラブルを実感していない方や、メイクやスキンケアが好きという方にはあまりおすすめできませんが、もし何をやっても肌トラブルが治らないという方はやってみる価値はあるように思います。

私も昔からニキビができやすく敏感肌で、乾燥すると赤みが出て痒くなってしまったり、フェイスラインは慢性的に皮がむけてしまって肌にコンプレックスばかりでした。

どんなに良いコスメを試しても一時的で、美容医療を受けても改善しませんでした。

でも今は理由がはっきりとわかります。人間が持つ肌の新陳代謝や水分保持や皮脂というのは、人工的なスキンケアでは遠く及ばないということを身をもって体感したからです。

もちろん本来持つ力が弱いため補うということはあるのですが、実際に自分自身が肌がむけた状態から丈夫になったり、あれだけ何をつけても乾燥していたのに自然と皮脂が出てきて、何もしなくても肌がぷるぷるとしている様をみると、スキンケアではこれはできないなと実感するのです。

そしていつも表面はサラリとしつつももちっとする快適さも解放的で気に入っています。

引き続き在宅勤務が続く方、マスク生活を継続する方は試してみても良いかもしれません。

無理はしないで!

最後に、これからもし挑戦する方がいらっしゃったら、合わないと思ったらやめるもよし、あまり無理をしないことをおすすめします。

もちろん最初は皮がむけて乾燥気味になるのは自然なことなのですが、体質的に乾燥してしまうと皮膚炎になってしまう方もいると聞いたことがあります。

個人的には、比較的にすぐに改善傾向が見られました。最初は乾燥するも治まり、ニキビができにくくなり、次に皮がむけてくるも日に日に治まるので苦痛にならないレベルでした。

なのでひどい状態が長く続いたり、悪化していく場合は合わない可能性があるのでやめた方が良いでしょう。

また、あまりに変な時は皮膚科にいくことをおすすめします。

もし肌状態を相談したいなどあればコメントいただければ経験談ではありますが、お答えできることはお答えしますので、コンプレックスを抱え辛い方は参考にしてみてください。