キレイライン

キレイライン矯正にデメリットはある?コース途中で解約する事にしました

リーズナブルな値段で歯の矯正ができることから人気の「キレイライン」。

「気になっているけれど安くて心配」という理由で迷っている方も多いと思います。

実際にキレイライン矯正をやってみてわかったデメリットと、今回コースの途中で終了することにした理由について紹介したいと思います。

キレイライン矯正が人気の理由とは?

キレイライン矯正は、通常の半額程度で矯正ができ、見た目にも全く目立たないことから、若い世代に人気の矯正方法です。

キレイライン矯正の種類は、昨今ではオーソドックスなマウスピース矯正のカテゴリーで、マウスピースを装着することで、歯を少しずつ動かしていく方法です。

最もメジャーなマウスピース矯正は「インビザライン」という種類で、海外のメーカーが作成するものを日本の歯医者さんが取り扱っていて、費用は全体矯正では100万円前後、部分矯正では50万円程度です。

この費用とは別に4万円ほどの型取り代がかかったり、支払い方法は一括現金払いのみなどややハードルが高いのが特徴です。

一方、キレイライン矯正は、1回あたり4万円という回数単位で矯正が可能です。本当に僅かな矯正であれば4万円で矯正できてしまうのです。

とはいえ6万円で終われる人はかなりレアケースで、通常は、それぞれの症状によるのですが、およそ20〜30万円である場合が多いようです。

このほかにかかる費用としては、初回診断料が2万円(型取り費用)のみなので、インビザラインの半額程度で矯正が可能です。

しかも、支払い方法は、デンタルローンやクレジットカード分割払いができるので、毎月アルバイトをしながらキレイライン矯正をすることが可能なのです。

ただし、キレイライン矯正は部分矯正のみなので、全体矯正はできません。

キレイラインのデメリットとは?

一方、キレイライン矯正にはデメリットはあるのでしょうか?

結論としては、キレイライン自体には大きなデメリットは無いと思います。

唯一挙げるとすると、キレイライン矯正は医療費控除にならないケースが多いという事です。

医療費控除とは、自費で治療した費用が年間10万円以上になった場合に、確定申告の際にその証明を税務署に提出すると、控除として税金が戻ってくる制度です。

子供の歯科矯正は医療費控除対象となりますし、噛み合わせが酷く緊急性や深刻度の高い歯科矯正の場合は、医療費控除になる場合があります。

しかし、美容目的の歯科矯正の場合は、医療費控除にはなりませんので、キレイラインの場合はほぼ難しいようです。ただ、歯医者さんによっては症状次第で診断書を書いてくれる可能性があるので、一度問い合わせみると良いと思います。

私は渋谷の透正堂という歯医者さんでキレイライン矯正をしていますが、残念ながら診断書を書いてもらうことはできませんでした。

デメリットではないけれど、こんな事にも注意

キレイライン矯正に限らず、矯正全てに言える事なのですが、矯正器具を使うことで「虫歯」のリスクが高まる可能性があります。

キレイライン矯正は、マウスピースを1日20時間以上装着しなくてはならず、外して良いのは食事の時と歯を磨く時だけです。

そのため食事が終わったらすぐに歯を磨き、キレイラインのマウスピースを装着するのですが、「ミルクティーだけしか飲んでないから」とか、「ミーティングで歯を磨く暇がないからと」言った理由で、食事後そのまま付けてしまう事がよくありました。

その結果、以前から虫歯予備軍で数年様子を見ていた歯が、ついに治療が必要レベルの虫歯に進行してしまいました。

キレイライン矯正のマウスピースは睡眠中含めてほとんどの時間装着し歯を覆うので、唾液の殺菌作用を享受できない事もあってか、虫歯になりやすい環境になるようです。

虫歯対策に気をつける事もそうなのですが、キレイライン矯正をするに当たっては、多少自己管理能力が必要とされると思います。

「1日20時間装着する」というルールを守らないと歯科矯正の効果はありませんし、歯を磨いたり、定期的にクリーニングや検診を受けられる人でないと、私のように虫歯になる可能性があります。

さらに、キレイライン矯正が終了しても、最初の1年間は引き続きリテーナー(マウスピース)を22時間以上装着する必要があり、2年目以降も半日程度の装着が必要なことから、長くマウスピース生活ができる方でないと難しいかもしれません。

キレイライン矯正は痛いの?

キレイライン矯正をするかどうかで悩んでいる人の多くが、「痛みへの恐怖」であるようです。

ただ、個人的には、痛みはほとんど心配しなくて良いと思います。

キレイライン矯正は、痛い方が効果があるというものではなく、適切量を少しずつ動かしていく方が良いとされています。そのため、激痛が走るという事は基本的にありえないと思います。

とはいえ、痛みがゼロというわけではありません。

キレイライン矯正は、1回ごとにソフトリテーナー、ハードリテーナーという柔らかいマウスピースと硬いマウスピースが渡されて、順番に2~3週間ずつ装着します。

回を重ねるごとに少しずつ歯の形が綺麗になるよう型取りされているので、さすがに新しいマウスピースを装着した1~2日間は少しだけ鈍痛がしたり、食事を咀嚼する時にじんわりと痛みが発生する事はあります。

それでも酷い痛みという訳ではないですし、2〜3日すれば全く痛みは無くなります。

途中で解約することにしました

私は今回、キレイラインの7回コースを途中退会し、虫歯の治療をすることにしました。

理由は、現在4回を終了したところですが、①概ね歯並びが綺麗になった事、②虫歯の治療をしたい事、③今後も1年間マウスピース生活が続き長いと判断したためでした。

詳しく説明します。

まず、キレイライン4回コースの期間は、およそ5ヶ月程度でした。気になっていた前歯の出っ張りは正面からはほとんど目立たなくなり、マウスピースをはめた状態だとかなり綺麗な歯並びに見えます。

実はキレイラインが終了しても、その後1~2年間はマウスピースを付け続ける必要があるため、これ以上は直さなくても良いかなと思いました。

キレイラインの場合、こうした理由でも、型取りをする前ならば途中退会する事ができます。およそ3~4回ずつ型取りをするので、歯の動きをみながら判断ができ流ので助かりました。

最終的な金額については、もともと7回コース(プラス拡大床上下約8万円)で34万円程度だったものが、3回分の解約で7万円が戻ってきました。コース割の解除と、コースだと無料のはずだったリテーナー代2万円がかかり、差し引き7万円です。

結局27万円くらいとなりました!

ただしこの返金額については、デンタルローンの返済途中だとキャンセル料を取られてしまう事があるようなので、しっかり事前確認してみてください。

今回途中解約を急いだ理由としては、虫歯治療をしなくてはならない点も大きな理由の一つです。虫歯治療をして詰め物をすると歯の形が変わってしまう事から、治療のタイミングは気をつける必要があります。

虫歯治療を後回しにして、あと3回分およそ4ヶ月程度キレイラインを続けるのは心配でしし、キレイライン矯正が終わっても、1~2年はマウスピースをつけた生活が続くので少しでも短くしたいというのも理由の一つでした。

戻ってきたお金で虫歯のインプラント治療ができるので、キレイラインにして良かったなぁと思います。

最終のビフォーアフター

最後に、ビフォー・アフターを掲載したいと思います。

並べてみると効果は歴然!虫歯治療は必要になってしまったけれど(もともと予備軍だったわけですが・・・)、それでもキレイラインをやってよかった!

もし迷っている方がいたら、まずは初回検診に行ってみて歯医者さんにどのくらい期間がかかるか聞いてみると良いと思います。

結論:キレイラインは「費用や期間、本人の管理に左右されるものだ」ということ以外は、特にデメリットはないと思います!

参考になれば幸いです。