オーラルケア

【キレイライン矯正6週間目】歯は動いているのか?気になる効果は?

破格の安さでできると人気の歯科矯正「キレイライン」。

私も気になっていた前歯をキレイライン矯正しています。本日でちょうど3週間が経過し定期検診に行ってきました!

きちんと効果は出ているのか?矯正はどんな感じか?について体験談を書いていきます。

一部の人に必要な「拡大床」についても紹介していきたいと思います。

キレイライン矯正って実際どうなの?

キレイラインを介して6週間が経ちました。

慣れてしまえば全然不都合はなく、痛みも大きくないので快適に過ごせています。

基本のルールは3つだけ。

  1. 1日20時間以上マウスピースを装着する
  2. 食事と歯磨きの時はマウスピースを外す
  3. 毎日マウスピースをブラッシングして、洗浄剤につける

食事以外はほぼマウスピース矯正をしなくてはならないのは、人によっては結構大変かもしれません。装着中は基本飲料できるのはお水のみなので、飲み会などが好きな人はちょっと大変かもしれませんね。私もコーヒー大好きなので気軽に飲めないのはちょっと辛いです。(たまにつけたままコーヒー飲んじゃっていますが・・・)

とはいえ、矯正の手軽さで言えば問題なく人に勧めることができます。もちろん矯正成功するかどうかは全くわからないので、それ次第ではありますが。

6週間目までの流れ

ここまでのキレイラインの流れをご紹介します。

2020年7月19日 最初の予約

キレイラインの最初の予約は7月19日でした。キレイラインのHPから近くの歯医者さんを予約し、矯正が可能かの初診および歯型取りにいきました。私はもともと友人が矯正成功していたのもあって、その日のうちに矯正を決意し申し込みしました。歯型ができるまではそこから1ヶ月程度かかります。

キレイライン矯正を開始して1週間、実際に支払った金額は?痛いって本当?ずっと歯の矯正をしたいと思っていたのですが、この度マウスピース矯正をはじめました。 このマウスピース矯正は、昔ながらのワイヤー矯正...

2020年8月15日 歯のクリーニング

歯の矯正を始める前には、歯のクリーニングを推奨されます。マウスピースを外して歯磨きすることができますが、普段はマウスピースで歯が覆われるので唾液の洗浄が弱まるため、歯はなるべく清潔な状態で望むのが好ましいからです。

歯のクリーニングは、マウスピース矯正をする歯医者さんではなく、普段行っている歯医者さんでのクリーニングで良いようです。

2020年8月22日 歯型の受け取り

待ちに待った最初の歯型の受け取りをします。この時に装着方法や注意点などの説明を受けます。この日から毎日装着をします。

2020年9月13日 定期検診・次回の歯型取り・拡大床型取り

3週間が経過したら、定期検診にいきます。ここではどれくらい動いているかを機械を使って計測し様子を見ます。同時に次回以降の歯型を取ります。

また、この回では拡大床の型取りもしました。拡大床は全ての人に必要な装着具ではなく、歯の隙間が足りずに歯が出てしまっているタイプの歯の矯正をしたい人が必要になる装置です。私はこのような出ている歯を引っ込める矯正なので、拡大床が必要でした。

この拡大床はこんな装置です。これをマウスピースを付けてさらにその上から装着します。拡大床は8時間以上の装着が必要で、滑舌がかなり悪くなるなどの問題もあり、睡眠時の装着をおすすめされています。

この拡大床は全ての人が必要ではないのですが、装着しなくてはならない人はちょっと型取りが大変かもしれません・・・。以前の記事でも書いたのですが、口の中でオエっとなるポイント近くまで型が差し掛かるので、嘔吐反射が強い人は結構辛いようです。

私はオエっとまではならなかったのですが、気持ち悪くなりました。30秒くらい我慢が必要なのでこれが最大の試練かもしれません・・・。とはいえ、この拡大床の型取りは1回だけなので頑張って乗り切りましょう!

【キレイライン矯正3週間目】痛みは?実際にやってみてわかったメリット・デメリット格安マウスピース矯正として話題の「キレイライン」を開始して無事3週間が経ちました。注意点や、メリット・デメリットがわかってきましたよ! ...

2020年10月12日 マウスピース・拡大床受取

前回からさらに3週間が経過し、次回以降のマウスピースの受け取りと、前回型取りした拡大床の受け取りをしました。

マウスピースは3回分を受け取りました。1回分あたり5週間装置し(さらにソフト・ハードの切り替えがあり)、次のものに切り替えていきます。

3回目は15週間後に付けるものですが、見てください!左が現在、右が15週間後です。直したい出ている歯がほとんど収まっています!きちんと装着してけばこのように歯が整ってくるわけです。

楽しみすぎる・・・!

6週間経過の変化は?

6週間マウスピース矯正をしてきましたが、実際に矯正の効果はあるのでしょうか。本日写真を撮ってみたのですが、僅かに出っ張りが少なくなっている気がします。

Before(矯正開始前)

After(6週間後の現在)

正面は、3週間前の写真なので、大きな変化はまだないですね。もともと正面は出っ歯感が横から見た時より酷くなかったので、激変とはいかないかもしれません。

Before(3週間経過)

After(6週間後経過)

拡大床のつけ心地とは?

さて、最後に、本日から拡大床の装着が始まりますのでつけ心地についても触れておきたいと思います。

拡大床は、マウスピースではなかなか難しい歯列の幅を広げる矯正が可能になります。前がのちょこっと出てしまっている歯が治るスペースを作るのです。

装着するとこんな感じで、見た目がなかなかすごい。つけ心地はやや不快感です。私の場合は、下側の嘔吐反射が強いようで型取りのときも下側が辛かったのですが、拡大床もやや下側が気持ち悪い感じになります。

とはいえ、耐えられないほどではないので慣れれば問題ないのではないかなと思います。ちなみに滑舌はかなり悪くなりますので、やはり睡眠時が適していそうです。

また経過をレポートしていきたいと思います!