ニキビケア

肌に優しいファンデーションなら断然パウダリー♡つや肌もすっぴん風メイクも自由自在

リキッドファンデーションやクリームファンデーションに比べると仕上がりがやや劣る印象のパウダーファンデーション。

しかし、肌の優しさを考えるなら断然パウダーファンデーションですから、綺麗に仕上がるパウダーファンデーションを選びたいですよね。

そこで今回は、パウダーシリーズということで、パウダーなのにつや肌になれたり、すっぴん風メイクのときに使えるフェイスパウダーなど、使ってよかったアイテムを紹介します。

パウダーファンデーションを選ぶ理由

肌の負担がもっとも大きいのが、クレンジングと言われていますよね。

それほど強い洗浄力を必要とするアイテムを使うということは、その分肌への負担が大きいことは容易に想像できます。

メイクの仕上がりを考えれば、リキッドファンデーションや血色をよくする下地などを使う方が綺麗に仕上がりますが、毎日使っているとやはり肌はお疲れ気味に。

しばらく使っているとニキビができ始めることも・・・

一方、肌負担が最も少ないと言われているのが、パウダリーファンデーションです。

外気汚染や紫外線、また季節によっては花粉が直接付くのを抑えてくれるなどの効果が期待できることから、パウダーファンデーションを付けることは、すっぴんで外出するよりも肌に優しいと言われています。

さらに日焼け止めを付ける方が肌に良いと言われています。

アウトドアや長時間紫外線を浴びる場合は日焼け止めを付けた方が良いのですが、オフィスワークなどの人でさほど外にでる時間が少ない人は、SPF効果のあるパウダーファンデーションで十分。むしろパウダーファンデーションの方がUVカット効果が高い場合も多いとか。

他にも、日焼け止めの成分は、残留するとシミの原因になるなどのリスクがあります。

こうしたことを考えれば、断然パウダーファンデーションを使うべきだなと思いますよね。

ただし、化粧下地をつけてしまうとリキッドファンデーションを付けているのとあまり変わらなくなるので注意です。

パウダーファンデーションは下地は不要

パウダーファンデーションは、薄く付ける程度なら石鹸で落ちると言われています。

つまり分子の大きさや、形状から肌への密着度が薄いので付けていても負担が少ないし、落とすときも落ちやすいわけです。

しかし下地を付けてしまうと、そのメリットを活かすことができません。

一般的には、「下地を付けないと肌に悪い」というのが定説ではありますが、化粧品会社の売り文句である可能性はかなり高いでしょう。

下地の成分は、リキッドファンデーションの成分と類似しており、下地を付ければ肌負担が減るという根拠はないようです。

むしろパウダーファンデーションの場合は、せっかく密着度が適度な特性があるのにそれを台無しにしてしまうので、下地は使わずそのままいきましょう。

もちろん、仕上がりを優先するなら下地を付けた方が綺麗に仕上がりますから、「綺麗に仕上げたい日には下地を使うけれど、デイリーは使わない」など使い分けをしてみてくださいね。

パウダーファンデーションだけだと乾燥しない?

パウダーファンデーションは、年齢肌には向かないというようなアドバイスがありますが、それはつや感がなく、塗ってます感が出てしまうことにありますよね。

しかし最近ではパウダーながらツヤ感が楽しめるアイテムが色々と登場しています。

パウダーファンデーションでツヤ感が楽しめるアイテムは、失敗も少ないですし化粧崩れも少なくてとても綺麗な仕上がりになります。

また、しっかりスキンケアをしてから塗ったり、またファンデーションブラシで塗ると多くの場合、パウダーファンデーションでも粉浮きせずツヤ感も楽しむことができます。

特に感動的なツヤ感が得られたファンデーションを紹介していきます。

感動のツヤ!超優秀パウダーファンデーション

まずデイリー使いでとても良かったパウダーファンデーションが「bareMinerals ORIGINAL ベアミネラル オリジナル ファンデーション」です。

  • フェア01 SPF15 PA++
  • 定価:3,800円

こちらのファンデーションのすごいところは、カバー力とツヤ感です。

パウダーなのに、顔に載せると粒子が入り込む感じで、粉浮きしません。リキッドと間違うほどツヤ感が感じられます。

粉の感じは、小麦粉よりも片栗粉寄り。一度肌に乗るとなかなか落ちないし、カバー力も高いです。

だけど、ミネラルファンデーションだから石鹸でもおおよそ落ちてしまうという超優れもの!

実は以前、こちらのミネラルファンデーションを使った際に肌が少し痒くなったとレポートしたのですが、一時的な肌の不調だっただけでこちらのファンデーションのせいではなかったようです。

以降3ヶ月ほど使用していますが、問題なく使えています。

より綺麗に仕上げるためには、油分が顔に多いとムラになりやすいのでスキンケアもサラサラ系に仕上がるアイテムを使う方がベターです。

ちなみにLDKのミネラルファンデーションのカテゴリーでは洗顔料で最もよく落ちるファンデーションとして評価されていたり、女性誌にもパウダーとは思えないファンデーションとして紹介されていました。

続いて、もう少ししっかり目に仕上げたい日には「アルビオン パウダレスト」がおすすめ。

  • 定価;5000円

こちらもツヤの出るファンデーションとして、超優秀です。

重ねても重ねても、全然粉っぽくならないから不思議。パウダーファンデーションが使いにくいという人にはもってこいです。

普通のファンデーションの場合、付属のパフで仕上げるとだいたい粉浮きしてしまうのですが、こちらのファンデーションの場合はパフでつけても綺麗に仕上がります。

素晴らしいパウダーファンデーション!

カバー力は、ややベアミネラルに劣りますが、扱いやすさや化粧ノリを求めるならば、パウダレストはおすすめです。

さらに軽いメイクをしたい、洗顔料で落とせるメイクをしたい場合には、「キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダー」がGOODです。

  • 定価:940円

すっぴん風ながらナチュラルにカバーしてくれるので、簡単にメイクを仕上げることができます。またコスパもとても良い。

お肌が弱い人でも、トラブルは起きにくいのではないかと思います。

そして最後にご紹介するのは、「マジョリカマジョルカ アミュレットヴェール」です。

  • 定価:1,430円

こちらはナイトパウダーといって、スキンケアのようにつけたまま寝ることができます。

もちろん、なるべくお肌には余計なものをのせない方が良いと思いますが、人によってはこちらのパウダーをつけて寝た方がニキビができにくいという人もいるようです。

LDKのナイトパウダーのランキングでは上位となっており、お泊まりの日やすっぴん風メイクを楽しむなら良いでしょう。ただし、SPFは入っていないので日中使うなら日焼け止めをつけた方が良いかもしれません。

参考にしてみてね!

これから紫外線の季節。

パウダーファンデーションで、優しく紫外線ケアしてみてくださいね♡