ニキビケア

美容師さんから教わった美髪対策!気になるロイドカラーシャンプー(ブラック)も口コミ!

美容院に行ったあとの美しい髪を保つのって難しいですよね。

特にヘアカラーをした後の髪は、少しずつパサついていって、時間とともに退色が気になってきます。まるで紅葉した落ち葉のように。

少しでも綺麗なヘアカラーを保つには、果たしてどうすれば良いのでしょうか。

そこで今回は、話題のカラーシャンプーなどを含めた美容師さんオススメの美髪キープ方法を紹介したいと思います。

ヘアカラーの退色の原理とは?

ヘアカラーの施術とは、膜となっているキューティクルにアルカリ性によって穴を開けて、そこにカラー剤を入れます。

カラー剤は分子となり体積が大きくなる事で、空いた穴を塞ぐことによってカラーが定着していきます。

しかし、人工的に色を加えても、時間の経過とともににカラー剤が流れ出てしまうのです。

特にダメージのひどい髪の毛は、色素を入れる髪の土台が整っていない分、すぐにカラーが流れてしまいます。

つまり、ヘアカラーの退色を防ぐには、ヘアカラーが落ちやすくなるNG習慣を避けて、健康的な髪を保つということが必要なのです。

退色を早めるNG習慣とは?

ヘアカラーが落ちやすくなるNG習慣には、どんなものがあるのでしょうか。

これらの習慣を改めるだけでも、だいぶモチは違ってくるようですよ!

ヘアカラー当日はシャンプーしない

まずは、美容院で髪を染めた当日にできることです。

ズバリ!シャンプーをするのはやめましょう。

キューティクルに穴を空けてカラー剤を入れた後、それが閉じるまでに最低でも24時間~48時間くらいかかるそうです。

また、染めた直後というのは、染まっているように見えても実は内部までは浸透していないようです。

そのため、カラーリング後2日間はシャンプーは避けた方が良いと言われています。

しかし、2日間髪を洗わないというのは抵抗がある方も多いと思いますので、お湯だけで汚れを落とす「湯シャン」などにしてみると良いかもしれません。

紫外線、海は避けて!

夏のシーズンは特に気をつけたいのが、「紫外線」「海水」です。

紫外線や海水は髪にダメージを与える分、退色のスピードも早まってしまいます。

高温のアイロンやコテは控えよう

高温のアイロンやコテも、ダメージにつながる避けたい習慣の一つです。

とはいっても、コテは手放せない!という方もいるでしょう。そんな方は温度を160度程度に抑え、髪にあてる時間をなるべく短くしましょう。

オススメのヘアスタイルは、ワンカール。

コテの使用面積を減らせるし、清楚ながらおしゃれなヘアスタイルです。

市販のシャンプーは色落ちしやすい

市販のシャンプーの洗浄力は一般的に強すぎると言われています。

ある美容師さんが、「市販のシャンプーの中で、どうしても1本選ぶとしたら?」という調査をしていたのですが、選ばれたのは子供用の機関車トーマスのシャンプー。

それくらいシャンプーの洗浄力は強いということです。

そのためほとんどの美容師さんは、「シャンプーこそ良いものを」ということをおっしゃいますよね。

最近では、カラーシャンプーをオススメされる場合もあるようです。

濡れたまま放置でダメージ放題

髪の退色と髪のダメージは密接に関連していますので、髪が濡れたまま過ごすのもNGです。

シャンプー後、濡れたまま寝てしまうなんてことはしていませんか?

濡れている髪はキューティクルが開いている状態で、パーマ液に髪をつけているのと同じくらい髪には過酷な環境です。

放置しておけばそれだけダメージが進みますし、摩擦が起きれば一層髪が傷みます。

難しいことではないので、シャンプーをしたらすぐに乾かすようにしましょう!

美髪のためにできる習慣とは?

恥ずかしながら、ここ数年、私の髪のダメージは非常に深刻な状況です。毛束をとると、ほとんどの髪が切れ毛や枝毛になっています。

原因は、髪のトーンをかなり上げてしまったこと365日コテで巻き髪をしていること、また、ハイライトを入れてしまったことによるものです。

最近は、カラーリングしてもなかなか理想の色にならないので、染める頻度も3週間ごとになっています。

ひどいときには色がすぐに落ちてしまい1週間後に染め直すことすらあります。

さすがに危機感を感じたので、先月から本格的にヘアケアに力を入れ始めたのですが、少しずつ改善の兆しが見えてきました。

そこで実際に私が試して良かった方法や、いまいちだった方法を紹介したいと思います。

シャンプー・トリートメントは手早く!

先述した通り、髪は濡れただけでも痛むものです。

いくら良いシャンプーを使っても頻度が高ければダメージにつながりますので、必要最低限量に抑えましょう。

髪の汚れはほとんどお湯で落ちるので、3分くらいお湯で洗ったら、シャンプーは地肌中心のみに使います。

毛先に付ける頻度を減らしただけですが、少しずつ髪が健康になってきた感じがします。

また、トリートメントもサクッと済ませます。

よく使用方法として数分置くよう書かれていますが、市販のトリートメントはほとんど補修効果は期待できないそうです。

超高級なもの以外は、手触りをよくするものと割り切って、サクッと使うのが良いでしょう。

ちなみにトリートメントは、Diane(ダイアン)を使用しています。

モイスト ダイアン パーフェクト ビューティー エクストラダメージリペア ヘアマスク 150g

新品価格
¥877から
(2019/11/8 12:22時点)

ダイアン製品といえば、おなじみの辛口ランキング雑誌「LDK」では高評価の常連なのですが、シャンプーとトリートメントは総合A評価、こちらのヘアマスクも高評価でした。

髪がふっくらしてサラサラになります!

シャンプーの水温は気持ち低め

暗く染めすぎた人が明るくする方法として、熱い温度で数回シャンプーするという方法がありますが、つまりは、シャンプーの時の水温が高いと退色の原因になります。

当然ながら、髪のダメージも進みます。

カラーリングの頻度を減らすためにも、染めてからの数日は気持ち水温を低めにしましょう。

私も今月から水温を下げてシャンプーをしているのですが、カラーの色もちがかなり良いです!

ドライヤーは高温・低温交互に

ドライヤーで髪を乾かす時には、高温・冷温交互にすると髪が綺麗になります。

低温の方が髪は痛みにくいですが、その分乾くのに時間がかかります。

髪が濡れた状態はダメージが進むため、早く乾かすことも重要であり、冷温交互にして乾かすのがオススメです。

髪に伝わる熱が上がりすぎるのも防げますし、よく「あ、まだ濡れている」ということってあると思うのですが、表面しか乾いていない状態も防ぐことができます。

オイルは二度づけ

濡れた髪にオイルをつける方は多いと思いますが、美容師さん曰く、髪が半分くらい乾いた状態で付けるのが良いとも言っていました。

そこで私は、濡れた状態と半乾きになるタイミングの2回オイルを付けています。

オイルは、トリートメント同様Diane(ダイアン)のオイルを使用しています。

モイスト・ダイアン トリートメントオイル エクストラダメージリペア 100ml

新品価格
¥1,408から
(2019/11/8 12:23時点)

こちらもLDKで高評価を得ていただけあり、良い感じです。

ブラッシングも大切

髪を洗う前と、髪を乾かした後のブラッシングも大切です。

髪を洗う前のブラッシングによって、濡れた不安定な状態で摩擦が起こるのを防ぎます。

また、髪を乾かした後にブラッシングすることで、髪についたオイルを馴染ませたり、地肌の血行を促進して健康な髪が育つ土台を整えます。

シャンプーはこだわろう

美容師さん曰く、シャンプーとトリートメントのどちらかお金をかけるなら、断然シャンプーとのことです。

それほど市販のシャンプーは髪に負担がかかるのですね。

私は定番のサロンシャンプーである、ミルボンの「オージュア(aujua)」のクエンチ(ピンク)を使っています。

オージュア QU クエンチ シャンプーモイスト《500ml》

新品価格
¥6,800から
(2019/11/8 12:26時点)


過去にも定期的にオージュアのシャンプーを使っていたのですが、美容院でしか買えないことや、値段が高いのでつい浮気してしまうのです・・・。

しかし、やっぱり効果があります。

一時期あまりにもダメージがひどくカラーリングはオススメしないと言われてしまった事がありました。

慌ててオージュアを使い始めたところ、1ヶ月後に同じ美容師さんから「髪ちょっと回復しました?今回はカラーリング大丈夫そうですね」と言われました。

カラーリングの頻度を減らせると思えば、使うべきですね。

3日に1回はカラーシャンプー

カラーの色もちをよくしたいなら、カラーシャンプーがオススメです。

私が使っているROYDのカラーシャンプーは美容師さんもオススメする方が結構いるようです。

ロイドカラーシャンプー グロッシーブラック 300ml

新品価格
¥1,427から
(2019/11/8 11:40時点)

アッシュ用やピンク用など落ちやすい色向けのシャンプーから、ダークトーンをキープするためのものなど全6種類あります。

ロイドカラーシャンプー

  • シルバー(アッシュ系カラーをキープ)
  • ピンク(ピンク系カラーをキープ)
  • ムラサキ(ブロンドやブリーチをキープ)
  • ヴァージンブラウン(黄色味発生や退色を抑える)
  • グロッシーブラック(黄色味発生や退色を抑える)
  • トリートメント(補修効果)

ロイドのカラーシャンプーを使う事で、髪に若干の色味が入ります。それによって退色による黄ばみやオレンジ味を抑えてくれます。

カラー剤のようにアルカリ性の強い薬剤とは成分とは違いますので、カラーリングのようなダメージはないようです。

ただし、色を付けるといっても、もともと暗いカラーや染めていない髪が明るくなるという事はなく、あくまで黄色味を防いだり、明るくなりすぎるのを防ぐような二次的なアイテムです。

私はもともと8~10くらいのトーン明るめのアッシュにしていたのですが、元の色素がオレンジになりやすいために、すぐにキンキラ感満載のオレンジになってしまいます。

加えてハイライトを入れていたので、ギャル感が否めません・・・・。

ということで、軌道修正。今回は少しトーンの暗いブラウンにしました。

理想は、カラーリング後の数日間、毎日カラシャンを使用し、以降は3日に1回くらい使用すると良いらしいのですが、私が購入したのは10日後くらいでした。

ちょっと使い始めるのが遅かったかなぁ・・・と思いましたが、「ブラック」を3日に1回使ってみたところ、1ヶ月経ってもそれほど退色が気になりません。

しかもマット感が出るという口コミがあるように、少しオリーブっぽい色味も出てきて良い感じです。

1か月経過し、やや明るくはなってしまったのですが、綺麗なブラウンですし、ツヤもあり良い感じです!

こんなに黒いんですよ〜〜〜〜!

デメリットとしては、泡立ちが悪くおまけに緩めのテクスチャーなので、指からシャンプーが落ちます。そのため、髪の全面にシャンプー行き渡らせるのにやや苦労します。

シルクキャップはいまいち・・・

サラサラになるという噂を聞いて、シルクキャップも取り入れてみました。

シルク ナイトキャップ,MSIYU ナイトキャップ【渡辺直美さん テレビ話題】 就寝用帽子 お休みキャップ 女性用 美髪・美肌・育毛 寝癖悩み解消 安眠 お休み寒さ対策 白髪予防 美しい秘訣 【サイズ調整可能】

新品価格
¥1,899から
(2019/11/8 12:01時点)

しかし、私には不向きでした・・・(涙)

髪が長いので、密集している部分が頭を圧迫して肩こりが・・・。しかも首が冷えるのか頭がいたいし、朝になったら外れてしまう!!

髪には良いのですが、寝心地が合いませんでした。

ドライシャンプー作戦大撃沈!

水を濡らすだけでも痛むという事で、水が要らないシャンプー「ドライシャンプー」を使ってみる事にしました。

ドライシャンプーを3日間のローテーションに組み込む事で、ダメージを最小限に抑える事ができるのではないかと思ったのです。

  1. 日目:ロイドカラーシャンプー
  2. 日目:ドライシャンプー
  3. 日目:オージュアシャンプー

海外セレブが使っていたり、震災の備えなどから注目が高まっているドライシャンプーですが、一般的に「スプレータイプ」「ムースタイプ」「パウダータイプ」があります。

地肌に浸透しそうなものは好きではないので、パウダータイプの「ラッシュ ドライミー!」を使ってみる事にしましました。

店員さん曰く、「こちらの商品はコーンスターチが原料で、油分を除去してくれる事がメインです。よって、洗浄効果はあまり期待できません」という事でした。

実際に試したところ、確かに汚れが落ちる感覚はほぼ皆無でした。

しかも粉が白いので、フケのように見えてしまい、継続利用はできませんでした。

染める色はブラウン系!

外国人風と言われるようなアッシュやスモーキーなカラーは、おしゃれですが、退色が早いですよね。

色持ちを考えるなら、日本人の髪の色素に近いブラウンや、暗めのカラーがおすすめです。

いずれ明かるくなるので、少し暗めに染めてもらうようにしましょう。

いかがでしたか?

今回紹介した方法は、知っていた方法も多かったのですが、いざ毎日やってみると髪質が変わってくることに驚きました。

特に水温やシャンプーの長さ、ドライヤーの当て方などは面倒がらずに気を付けてみると良いと思います。試してみてくださいね!